読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

>& STDOUT

主にソフトウェアに関する日々の標準出力+標準エラー出力

windowsでgrepっぽい事。


 特定のプログラムが触っているファイルの名前、とか調べるとき、

C:\>openfiles


とかやるのですが、この中から更に*.dllだけ、とかいうときわざわざWin32の
grep探してこなくてもいける事が最近判明。

C:\>openfiles | find ".dll"


 案外できるもんだWindows。

ちなみに


 openfilesはデフォルトでネットワークから参照されているファイルを
表示してくれますが、/Local ON ってやってシステム再起動すると、
ローカルコンピュータの中でも探してくれます。

 昔よく、「どのプログラムがこのファイルを開いているかわからない!」
と悩んだのですが、あるものですね。

OPENFILES /parameter [引数]

説明:
    システム上の開いているファイルとフォルダを管理者が
    切断できるようにします。

パラメータの一覧:
    /Disconnect    1 つ以上の開いているファイルを切断します。

    /Query         ローカルまたは共有フォルダで開いているファイルを表示します。

    /Local         ローカルで開いているファイルの表示を有効/無効にします。
                   注意: このフラグを有効にすると、パフォーマンスに負荷が
                   かかります。

例:
    OPENFILES /Disconnect /?
    OPENFILES /Query /?
    OPENFILES /Local /?


 彼(?)はもっと注目されていいと思う。