読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

>& STDOUT

主にソフトウェアに関する日々の標準出力+標準エラー出力

家庭用ストリートファイターIVの出来が良すぎる件

 ゲーム機がネットワークに接続され始めた頃、誰もが夢想した、
「自然な」通信対戦機能が超高レベルで実現されている事に驚きました。



 いままでありそうでなかった、「対CPU戦を行いながら乱入を待ち受ける」事が可能で、
ゲームセンターそのままの趣きが味わえるだけでなく、それをメーカーが公式に集計、
ランク付けされて全世界の同好の士と競えるという煽りっぷり。これで燃えないわけが無い。


んで燃えた結果がこちら。ランカーと並べると全然ひよっこですが。



ラグが無い!?


本作品が発売されるまでは、同社が北米向けにダウンロード販売していた「スパIIX HD版」で夜な夜な対戦を楽しんでいたのですが、それと比べて次元が違うといっても過言で無いほど、ネット対戦時にラグを感じさせません。


写真のとおり15時間近くやって、最も強く感じたラグが

「ボタンを押してから技が出るまでに0.5秒ほど遅れる」

というもので、これが100戦やって1,2回程度。*160フレームのゲームで0.5秒というのは全然シャレにならない時間ですが、これまでのネット対戦格闘ゲームを思えば格段の反応速度向上を誇るのではないでしょうか。


ちなみに自宅の環境は以下の通り

BIGLOBE e-access ADSL 50Mコース 実測2M程度
PS3版 有線LAN

これまでだって?


もちろん、やろうとおもえばXBANDに始まりKaillera、XLink Kaiと各種ソリューションは出揃っていたのですが、ゲーム機とソフトのみ*2でそれが実現できる事の意味は大きいと思います。しかも比肩以上のクオリティで。


昔は毎日通っていたゲーセンも出社時はオープン前、退勤時には蛍の光、という現代の過酷な社会人に、あの頃の興奮と感動を本当にそのまま自宅で味わえるツールとして、意外にオススメなのかも知れませんね。


PS3版では対戦した相手にその場でフレンド申請やメールを送ることが出来るので*3、「どこかで見た攻め方だな...」と思っていたら昔ゲーセンで戦った事のある相手だったり。するかも。
 
 
 

*1:対戦相手とのping値をアンテナレベルとして示してくれるのですが、これが最低の相手とやってもこの状況。あのアンテナレベル全然アテにならないですね

*2:PS3版に至ってはソフト代以外は無料という

*3:Xbox360版も出来るとは思いますが