読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

>& STDOUT

主にソフトウェアに関する日々の標準出力+標準エラー出力

映画 「バック トゥ ザ フューチャー 1」 で ドクが模型を使って作戦を説明するシーン脚本。



「バック トゥ ザ フューチャー」の面白さは、ドクとマーティがたびたび起こる失敗に対して、なら次はこうだ、その次はこうだ、とまったくめげずにテンポよくリカバリーしていくところだ、という感想をどこかで読んだのですが、まさにその通りだと感じます。何度観ても飽きない、100年モノの名作ですね。


そんな「バック トゥ ザ フューチャー」の中で僕が一番好きなシーン、時計台への落雷を利用してマーティを1985年に返す算段を、ドクが町並みの模型を使って説明する場面の原文を見つけたので英語の勉強ついでに掲載。


「君を家に帰す方法を考えた」から、「やってみよう。君は車を。私は稲妻だ」まで、です。子供の頃、この実験がたまらなく楽しそうに思えた覚えがあります。

Doc: Let me show you my plan for sending you home.


Please excuse the crudity of this model, I didn't have time to build it to scale or to paint it.


Marty: Its good.


Doc: Oh, thank you, thank you.


Okay now, we run some industrial strength electrical cable from the top of the clocktower down to spreading it over the street between two lamp posts.


Meanwhile, we out-fitted the vehicle with this big pole and hook which runs directly into the flux-capacitor.


At the calculated moment, you start off from down the street driving toward the cable execrating to eighty-eight miles per hour.


According to the flyer, at !0:04 pm lightning will strike the clocktower sending one point twenty-one gigawatts into the flux-capacitor, sending you back to 1985.


Alright now, watch this.


You wind up the car and release it, I'll simulate the lightening.