>& STDOUT

主にソフトウェアに関する日々の標準出力+標準エラー出力

ISO/IEC25010 品質モデル

長らくソフトウェア品質モデルとして親しまれてきた ISO/IEC9126 が ISO/IEC25010(ISO/IEC 25000 SQuaRE シリーズの一部) として補強、改訂されましたので、ここで紹介したいと思います。参考文献 *1 がかなりイケているのでそちらを直接参照されても良いかと思います。



利用時の品質

9126時点では主特性のみの定義であった「利用時の品質」に副特性が定義されました。主特性自体も「効率性」「有効性」「安全性」「満足性」から多少の変更が見られます。



ISO9126時点での利用時品質の定義


注目すべきはコンテキストカバレッジで、システムの利用が机の前に限らなくなってきた昨今の状況がよく反映されているように思います。

データ品質

データ品質は主特性というより、以下の様なカテゴリに分かれます。

  • 固有のデータ品質特性
    • データを取り扱うシステム機能とは独立して存在するデータの品質特性
  • システム依存のデータ品質特性
    • システム機能に関連する、システムから独立していないデータの品質特性
  • 固有及びシステム依存のデータ品質特性
    • これら双方の特性を持つデータの品質特性

システム/ソフトウェア製品品質

こちらは9126でもおなじみ、品質モデルというとこれを想起される方も多いでしょう。
注目すべきはセキュリティが主特性として昇格している点や、9126では全主特性の子に
存在した標準適合性が削除されている点などです。

*1:システム/ソフトウェア製品の品質要求定義と品質評価のためのメトリクスに関する調査報告書 2011 年 3 月 経済産業省 ソフトウェアメトリクス高度化プロジェクト プロダクト品質メトリクス WG